リクガメとの生活

リクガメのリク師匠🐢を飼い始めて2年半になる。

師匠と呼んでいたが、

動物病院で呼ばれる名前が、

師匠、

というのもどうかと思い、

通名をリク、とした。


f:id:nakibuta:20191004081216j:image

 

約1歳で4センチ50グラムに満たなかったのが、

今では10センチ400グラムを超えるまでになった。


f:id:nakibuta:20191004082149j:image

 

今では大きくなりました。

f:id:nakibuta:20191004082424j:image

時が経つのは早い。

 

寿命は長く、20年は生きる、とか。

しばらく一緒に居てください🙇

 




 

 

休んでいるのか 待っているのか


f:id:nakibuta:20191004091027j:image
家から車でちょうど1時間以上かかる行きつけの神社がある。

 

高速道路を使うが、適度に距離あり、スピードも出せ、インター降りてすぐの場所なので、気分転換に良く向かう。

 

朝早く出たので、渋滞する場所はなく、40分程度で到着。


f:id:nakibuta:20191002080321j:image


f:id:nakibuta:20191004090944j:image



f:id:nakibuta:20191004090959j:image

 

境内入ると、一人占めな感じで、朝の参拝は気分が良い。

 

 

早く着いたので、足を延ばして、海まで出てみる。

地曳き網漁をしているところを見かけたので見物。



f:id:nakibuta:20191003011732j:image

f:id:nakibuta:20191003011807j:image



f:id:nakibuta:20191004091012j:image

 

海の家のための柱だろうか、カモメでなくて、ガラスが留まっていたのが妙に印象的。

 

最初見かけたとき、曇り空もあって、ちょっと異様な感じに見えた。

 

休んでいるのか、地曳き網漁の後のおこぼれもらうために留まっていたのか(^_^)




f:id:nakibuta:20191004091023j:image


 

ちゃんと、カモメも居て、少し和んだかも。



 

この後、晴れてきたので、サーフィン日和なのだろうな、と思いながら、帰路についた。

 

何か心に残るカラスの止まり木

に、過去記事消してブログ再開

スマホから記事アップ。

写真の回転ができる方法を知りたい。。(10/1)

 

――――
サイズ調整して、
うまくいくことを確認した(10/4)