読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170429 ザッハトルテ ライブ @上七軒歌舞練場

当日は、早くライブ会場へ行こうかと思っていたがなかなか行けず(生活リズムの問題)。
遅めの昼食取るため、車で外へ出たが、
途中、風が強く、桜の花びらの散る様がすごい場所を通る。
曇り空であったが、花びらが風に巻き込まれるように動いていく様が美しかった。
その後、結構な雨に振られ、天気の気まぐれな変わり方に少し驚く。
 
 
家に戻り、ザッハトルテ(ギター アコーディオン チェロ のトリオ)のライブへ行くために京都へ出かける。
会場近くは快晴。(車で雨に振られていた時間帯、京都でも結構な雨に振られていたらしい。当初早めに行こうと思っていたが、傘を持って出かけるつもりはなかったので、正解だったのかもしれない。)

 

上七軒歌舞練場では去年から引き続き2回目。

今回はマイム俳優が曲に合わせて踊る演出が入った。
インストルメンタルバンドとマイムの共演。
言葉なくても伝わるものは伝わる、楽しめることを確認。
伝える努力、伝えるための技術、大事だなと思ったり。
 
歌舞練場ならではの背景、北野おどりで使用していた背景や、どん帳が今年も登場。
場の雰囲気も堪能。
 

CDも何度も聴いているので、聴いたことある曲がほとんどだったけど、ザッハトルテのメロディが好きなこと、演奏しているときの熱量を感じる。

演奏しているときの熱量を感じられるライブはありがたい。

 

ザッハトルテは、楽器の組み合わせに目を引きとメロディーと各人のキャラクターとにせられたことも有るけど、都丸さんのアコーディオンアコーディオンの音と音をだすための動きの激しさに目を奪われたのが大きいかなと(ギターのウエッコさん、チェロのヨース毛さんも負けずにされていて面白かったけど)。

各人のキャラクターとカフェライブをやるくらいの身近な感じ(月イチ決まったカフェでライブもしてくれる。)がいい。

僕にとっては、聴いていて、静かに熱くなれるバンド(音は相当でているし、もっと盛り上がって良いのかもしれないけど。)。

これからも楽しみたいバンドの一つだ。

 

◯マイム 

マイムに興味を持つ。
いいむろなおきさん、青木はなえさんにも興味が。
二人共、技術・キャラクターが素晴らしい。
マイムカンパニーを追いかけてみるかな。
 
◯その他
ザッハの物販で、最後に残っていたアコーディオン都丸さんが参加しているDUOのCD2枚とチェロのヨース毛さんの手作り宅録CD、合わせて3枚を大人買い
都丸さん関連のCDは最後の一枚だったので、焦って財布取りに行った。
都丸さんとドレクスキップの渡辺さんのコンビは以前購入してよかったので、2作目のアルバムを購入。
都丸さんと秦コータローさんのコンビは、以前Youtubeで上がっていた都丸さんだけでなく秦コータローさんのピアノが気になって購入を決めたのだけど、正解だった。
まず、秦コータローさんが作曲した1曲めのピアノの始まりが良く、リピートして聴きそうだ。
ヨース毛さんのCDも、チェロだけでいろんな音を出している曲もあり、なんとも味のあるCD。時期を見て再聴する感じ。

170110ハーバード・グリークラブ ニューイヤー・ツアー2017

【海外の大学生合唱団の演奏会へ行ってみた】

普段は国内の演奏会へ行く事がほとんどで、海外から来た合唱団の演奏を聞くことはほとんど無い。それが大学生となればなおさらだ。

合唱団の中でも実力・歴史のある団体は海外へ演奏会旅行するところがある(関西では関西学院大学グリークラブ同志社大学グリークラブ等)。

今回は、アメリカのハーバード大学グリークラブがやってくるということで、行ってみることにした。(といっても2017/1/10と少し前の話)

総勢100人くらい居たのではないだろうか。男声ばかりの学生の合唱団ではなかなか集まらない人数。

曲目の半分以上は知らなかったが、クラシックな曲から、幕間のグループコーラスといい、楽しませてもらった。

 

学生歌ならぬ、football song(大学 アメフトの応援歌 主にイェール大学と対戦するときにうたう、といっていたような。) が、いかにも大学生らしい勢いをぶつけることができる歌で、見ていて何だかうらやましくなった。少し懐かしくなった。

 

あと、 CD販売の人が団員のようで、少し英語で会話した。こういう共通の趣味について話せる場に出れば、英語で話そう、という気になれるのか、と思った。

もっと、英語を話せる場に行くべきだな。

 

f:id:nakibuta:20170129004439j:plain

f:id:nakibuta:20170129002139j:plain

170126神韻(シンユン)2017日本公演

【中国古典舞踊】

先日、知り合いから紹介された神韻(シンユン)2017日本公演を観に、京都ロームシアターへ。

中国版バレエといった感じか。

色鮮やかで、衣装も絡まりそうなくらい長い袖の服を着て、跳躍、宙返り、高い跳躍、そして統率の取れた集団での動きなど、動きの凄さがあった。

 

この舞台はそれだけでなく、舞台奥にスクリーンが用意されており、スクリーンに映像を流れ、スクリーン前に用意された階段状の台からスクリーン下に飛び込むと、スクリーン内の映像の中に演者がでてきて、(映像の中で)空を飛び回る、と言った映像面での演出もされていた(舞台の演者とCG映像との連携がスムーズ。)。

 

 いかにも中国の曲調を演奏するオーケストラと舞踊も息が合っていたし、約2時間で20演目、演目前に進行役の解説が毎回入るのでセリフのない動きだけの舞踊も比較的理解できた。その他、途中、舞踊がないソロ歌手独演の演目などもあり、工夫しているのは感じられた。

 

演目の内容や他に思ったことは、また書く気になれば書こうかな。

 

神韻芸術団HP
https://ja.shenyunperformingarts.org/
f:id:nakibuta:20170128230637p:plain

f:id:nakibuta:20170128195312j:plain

 

はてなブログ始めてみた

はてなブログ始めてみた】

ここではFBに上げない日々の出来事、趣味のことなどを書いていこう。

 

趣味といえば、コーラス(今は休業中)。

昔、高校では選択科目で音楽、大学では男声合唱、社会人になってから混声合唱と続けていた。

縁あって、クラシック系の演奏会(学生の演奏会含め)に行くことがある。

その時の感想でも書いていこう。